天気予報を見る
 
新聞購読申込

大名庭園誇る城下町が観光協定/高松と金沢

2013/10/28 11:17

 文化・観光交流協定を結んだ大西秀人高松市長(左)と山野之義金沢市長=28日午前、高松市
 文化・観光交流協定を結んだ大西秀人高松市長(左)と山野之義金沢市長=28日午前、高松市

 人口規模が近い二つの城下町、高松市と金沢市が28日、観光客誘致などで協力することを盛り込んだ「文化・観光交流協定」を締結した。

 両市はいずれも人口が40万人を超え、それぞれ大名庭園の兼六園(金沢市)と栗林公園(高松市)がある。香川県と石川県も昨年、観光パートナーシップ協定を結んだ。

 締結式は高松城跡の玉藻公園(高松市)で行われ、大西秀人高松市長は「伝統工芸などの振興に積極的に取り組んでいる金沢市を大いに見習いたい。幅広い分野で交流が活発になり、ともに発展することを期待している」とあいさつした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.