天気予報を見る
 
新聞購読申込

石川・輪島で海女サミット/交流深め無形文化遺産へ

2013/10/27 14:58

 石川県輪島市で開かれた「海女サミット」=27日
 石川県輪島市で開かれた「海女サミット」=27日

 衰退が危ぶまれる海女文化の発信と継承をねらいに、国内11地域と韓国・済州島から計約160人の海女が集まった「海女サミット」が27日、石川県輪島市で開かれた。交流を深め、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産への海女文化登録を目指すとする大会宣言を採択した。

 海女代表らによるパネルディスカッションでは、約1200人の来場者を前に「海の博物館」(三重県鳥羽市)の石原義剛館長(76)が「男女共同参画を原始のころから続けているのが海女文化だ」と解説。サミットは2009年に始まり4回目。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.