天気予報を見る
 
新聞購読申込

鳥取の金持神社で財布燃やす神事/全国から役目終えた2百個

2013/10/25 17:48

 金持神社の護摩壇で焼かれる役目を終えた財布や絵馬=25日、鳥取県日野町
 金持神社の護摩壇で焼かれる役目を終えた財布や絵馬=25日、鳥取県日野町

 縁起が良い名前だと人気のある鳥取県日野町の金持神社で25日、全国から寄せられた古くなった財布の神事が営まれ、役目を終えた財布約200個が護摩壇で焼かれた。

 集まった財布は本革やビニール製などさまざま。神職がおはらいをした後、奉納された「金運招福」などの絵馬約千枚と一緒に燃やした。

 神社には「お金も子宝にも恵まれました」「馬券が当たりますように」など、お礼と願い事の絵馬がいっぱい。参拝に訪れた岐阜県の会社員川島宏一さん(60)は「金運を期待しています」と手を合わせていた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.