天気予報を見る
 
新聞購読申込

ゾウ、先輩ママに子育て学べ/千葉県の動物園、群れで支援

2013/10/23 06:17

 神戸市立王子動物園からやってきた妊娠中の雌のアジアゾウ「ズゼ」(手前)=11日、千葉県市原市の「市原ぞうの国」
 神戸市立王子動物園からやってきた妊娠中の雌のアジアゾウ「ズゼ」(手前)=11日、千葉県市原市の「市原ぞうの国」

 千葉県市原市の動物園「市原ぞうの国」が、神戸市立王子動物園から妊娠中の雌のアジアゾウ1頭を預かり、出産と育児を支える取り組みを始めた。うまく子育てができない雌ゾウに群れでの生活を通して先輩ママから自然哺育の方法を学ばせる。ぞうの国は「仲間と一緒ならさまざまなトラブルにも柔軟に対応できる」としている。

 千葉にやってきたのは、来年5月に出産予定の23歳のズゼ。過去に2度出産したが、いずれも途中で育児を放棄し子どもは早くに死んだ。ズゼも生後約3カ月で母親と死別したため、人工哺育で育てられた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.