天気予報を見る
 
新聞購読申込

避難の双葉住民、久々の再会/8町村交流イベント

2013/10/19 11:54

 「ふたばワールド2013」で、直径1・5メートルの大鍋でつくられる千食分のすいとん=19日午前、福島県広野町
 「ふたばワールド2013」で、直径1・5メートルの大鍋でつくられる千食分のすいとん=19日午前、福島県広野町

 東京電力福島第1原発事故で避難を余儀なくされている福島県双葉郡8町村の住民が集まるイベント「ふたばワールド2013」が19日、福島県広野町で開かれた。

 双葉町民が多く避難している埼玉県加須市など、福島県内外から無料バスなどで集まり、久々の再会に抱き合う姿も。直径1・5メートルの大鍋ですいとん千食分をつくり無料で提供。

 富岡町からいわき市に避難している五十嵐厚子さん(63)は「友人らと会えた。楽しいね」と笑顔だった。

 交流イベントは1990年から99年まで行われ、14年ぶりに復活した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.