天気予報を見る
 
新聞購読申込

興福寺で「大般若経転読会」/空中に広げる600巻

2013/10/17 16:35

 興福寺南円堂で営まれた「大般若経転読会」=17日午後、奈良市
 興福寺南円堂で営まれた「大般若経転読会」=17日午後、奈良市

 興福寺南円堂で営まれた「大般若経転読会」で、「大般若経」を空中で広げる僧侶=17日午後、奈良市
 興福寺南円堂で営まれた「大般若経転読会」で、「大般若経」を空中で広げる僧侶=17日午後、奈良市

 興福寺南円堂(奈良市)で17日、全600巻の「大般若経」を空中でばらばらと広げるダイナミックな法要「大般若経転読会」が営まれ、多くの参拝客が訪れた。

 奈良時代から国家の安寧を祈り、宮中や朝廷を守護する寺院で行われていた法要。全部で400万字もあるため、お経を広げながら目を通す「転読」の方法がとられた。

 特別に開けられた南円堂で12人の僧侶がそれぞれ50巻を担当。「大般若波羅蜜多経」と唱えながら、お経が書かれた折本をアコーディオンのように両手で開いた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.