天気予報を見る
 
新聞購読申込

全国から伊勢神宮・神嘗祭お祝い/エイサー、木やり歌

2013/10/15 10:36

 「大神嘗奉祝祭」で披露された阿波おどり=15日午前、三重県伊勢市
 「大神嘗奉祝祭」で披露された阿波おどり=15日午前、三重県伊勢市

 20年に1度社殿を建て替える式年遷宮の主要行事が一段落した伊勢神宮(三重県伊勢市)で15日から恒例の神嘗祭が始まるのに合わせ、全国の有志団体が伝統芸能や踊りを披露する「大神嘗奉祝祭」が同日、外宮周辺で行われた。

 神嘗祭は毎年実施されており、収穫に感謝し、国の平安を祈願する伊勢神宮で最大の恒例祭事。奉祝祭には、全国から23団体、約1200人が参加し、沖縄エイサーや阿波おどり、木やり歌などを披露する。

 地元住民や全国の有志が新穀を初穂船や奉曳車に積んで引く「初穂曳」も同時に行われ、内宮と外宮に米俵や稲穂の束を奉納する。

 神嘗祭は25日まで。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.