天気予報を見る
 
新聞購読申込

水産特区会社が初収穫、石巻/今シーズンのカキ

2013/10/14 17:32

 今シーズン初めてのカキの水揚げをする合同会社の社員=14日午前、宮城県石巻市
 今シーズン初めてのカキの水揚げをする合同会社の社員=14日午前、宮城県石巻市

 東日本大震災の復興策として政府が認めた「水産業復興特区」の下で、事業展開する宮城県石巻市の「桃浦かき生産者合同会社」は14日、同市桃浦湾で今シーズンのカキの水揚げを始めた。9月に漁業権を取得してから初めての収穫。

 早朝、同社の社員である漁師15人が漁船5隻で養殖場へ。ロープを機械に据え付けると、次々とカキを船内に引き揚げていった。

 この日の水揚げ量は殻付きで約3・3トン。県漁業協同組合を通さずにスーパーや居酒屋に販売する予定。

 今シーズンのカキは、産卵後の9月に海水温が低かったため、身が大きく、おいしいという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.