天気予報を見る
 
新聞購読申込

青いバラでタペストリー/広島市植物公園

2013/10/09 20:04

 広島市植物公園で展示される青いバラを300本使ったタペストリー=9日、広島市佐伯区
 広島市植物公園で展示される青いバラを300本使ったタペストリー=9日、広島市佐伯区

 1本3千円する青いバラを300本使った“タペストリー”が10〜14日に、広島市植物公園(佐伯区)で展示されることになり、9日報道陣に公開された。

 縦約2・5メートル、横約2メートルの木の板の上に、青色のバラの花がハート形に並べられ、周りをピンクのバラ400本が彩る。辺りは甘い香りに包まれた。

 広島市植物公園によると、青いバラをたくさん使った装飾は珍しいという。坂本幸男管理課長は「家族やカップルで訪れ、愛に包まれてほしい」とPR。展示期間中は入園無料という。

 バラは青い色素を持たないため、青い花を作るのが難しいとされていたが、2004年にサントリーが開発した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.