天気予報を見る
 
新聞購読申込

宮崎、サル被害者に見舞金/18人けがの日向市

2013/10/09 11:57

 野生のサルによるかみつき被害が相次いだ宮崎県日向市は9日、被害にあった男女18人に一律2万円の見舞金を渡すことを明らかにした。市は「連続して多数の人がけがをした事態の重大さから、今回に限り支給することを決めた」と説明した。

 サルを捕獲した際に壁や天井が壊れた空き家の所有者1人には、修繕費など30万円を支払う。市の36万円に加え、市内の病院から「サル対策に」と寄付された30万円を財源とする。8日に開かれた9月定例議会の本会議で、全員一致で可決された。

 日向市では8月28日から野生のサルが住民にかみつく被害が頻発し、20代の男性は腕などに20針以上を縫う大けがを負った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.