天気予報を見る
 
新聞購読申込

富山で恒例「カニ給食」始まる/秋の味覚、小学生堪能

2013/10/08 13:15

 子どもたちに地元の特産品を味わってもらおうと、富山県射水市の新湊漁協が実施している恒例の「ベニズワイガニ給食」が8日、市立東明小を皮切りにスタートした。富山湾で水揚げされたカニが、6年生の児童に丸ごと1匹ずつ振る舞われた。

 教室では、自分で殻をむいたことがないという子が、友人と食べ方を確認し合う姿も。桐林優依ちゃん(11)は「友達と一緒に食べるのはおいしいです」と笑顔で話した。

 ベニズワイガニ給食は、同漁協が2003年度から毎年実施。11月中旬までに、市内15の小学校で計約970人の児童が秋の味覚を堪能する。

 ベニズワイガニ漁は9月に解禁され、来年5月末まで続く。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.