天気予報を見る
 
新聞購読申込

「海洋気象台」が消滅/気象庁の組織改編

2013/10/01 00:19

 取り外される函館海洋気象台の文字プレート=30日午後、北海道函館市
 取り外される函館海洋気象台の文字プレート=30日午後、北海道函館市

 気象庁の組織改編に伴い、函館(北海道)、神戸、長崎の各海洋気象台が1日、地方気象台に変わった。舞鶴海洋気象台(京都)は本庁組織の「日本海海洋気象センター」に改編。これにより、全国で海洋気象台という組織はなくなった。

 海洋の解析や予測に関する業務を札幌や大阪といった管区気象台などに集約し、機能強化を図る。最も古い神戸海洋気象台は1920(大正9)年設立で歴史は90年余り。函館は42年、舞鶴と長崎は47年に設立された。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.