天気予報を見る
 
新聞購読申込

田んぼに動物園の人気者、旭川/色の違う稲で“描く”

2013/07/17 17:10

 色の違う稲を使って水田にシロクマなどを描いた「田んぼアート」=16日、北海道旭川市(JAたいせつ提供)
 色の違う稲を使って水田にシロクマなどを描いた「田んぼアート」=16日、北海道旭川市(JAたいせつ提供)

 北海道旭川市で色の違う稲を使ってシロクマやフクロウなど、市内の旭山動物園の人気者たちを浮かび上がらせた「田んぼアート」が17日、夏の日差しの中、訪れた人たちを楽しませている。稲は地元の小学生らが植えた。8月上旬まで楽しめる。

 縦40メートル、横170メートルの水田に黄、紫、赤など6色の稲で“描いた”。小学生に農業に興味を持ってもらうのが狙い。8回目となることしは、寒い地域に生きる動物を取り上げた。

 稲の種子の一部は青森県黒石市の青森県産業技術センターから提供された。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.