天気予報を見る
 
新聞購読申込

山形県内の入居住宅者退去求めず/福島の県外避難者に復興相

2012/06/23 20:15

 平野達男復興相は23日、東京電力福島第1原発事故で福島県双葉郡などから山形県内に避難している住民7人と山形県庁で意見交換した。住民から、2〜3年で入居住宅の退去を迫られるのではないかとの不安が示され、平野氏は「新たな住宅を確保するまでは、出ていきなさいと言うことはない」と強調した。

 平野氏は冒頭、避難を強いられていることに「責任ある政府として、あらためておわび申し上げたい」と陳謝。除染の難航などで、地域によっては避難解除まで長い期間を要すると説明し「いろんな形で国がサポートしなければと強く感じている」と述べた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.