天気予報を見る
 
新聞購読申込

震災がれき200点展示へ/気仙沼のリアス美術館

2012/06/18 16:22

 被災地で収集された震災がれき。奥は岡野志龍さん=13日、宮城県気仙沼市のリアス・アーク美術館
 被災地で収集された震災がれき。奥は岡野志龍さん=13日、宮城県気仙沼市のリアス・アーク美術館

 東日本大震災で被災し閉館中の宮城県気仙沼市のリアス・アーク美術館が、来年4月に予定する本格再開に向け、震災がれきの常設展示を計画している。

 被災地の多くで、遺構保存が難航し、震災の記憶をとどめるものが少なくなる中、「震災がれきを、津波の脅威を伝える『被災資料』として展示し残したい」と、岡野志龍さん(35)ら学芸員2人が街を歩き、200点を収集した。

 津波後の火災で膨張したドラム缶、ガラスの割れた信号機、ノブの部分だけが残ったドア…。2人が「立ち上がれないほどの喪失」を感じたものだけを集めた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.