天気予報を見る
 
新聞購読申込

京都・北野天満宮で梅花祭/舞妓ら茶振る舞う

2012/02/25 11:22

 京都・北野天満宮の「梅花祭」で、参拝客に薄茶を振る舞う芸舞妓=25日午前、京都市上京区
 京都・北野天満宮の「梅花祭」で、参拝客に薄茶を振る舞う芸舞妓=25日午前、京都市上京区

 学問の神様、菅原道真を祭り、約900年前から毎年命日に開かれる伝統行事「梅花祭」が25日、梅の名所として知られる北野天満宮(京都市上京区)で行われた。野だての茶席では、花街の上七軒の芸舞妓が参拝客に薄茶を振る舞った。

 本殿で午前10時すぎから始まった神事では、道真の霊を「なだめる」が「菜種」の音に通じるとして、菜の花を冠に付けた神職が、蒸し米などを奉納した。

 道真は歌で「東風吹かば匂ひおこせよ梅の花 主なしとて春を忘るな」と詠むなど、梅を愛したことで知られる。境内の約1500本の梅もちらほら咲いており、参拝客は紅白の花やかすかに漂う香りを楽しんだ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.