天気予報を見る
 
新聞購読申込

A級戦犯の色紙、資料館に寄贈/笹森さん「戦争ない証し」

2012/02/24 20:13

 戦後に戦犯が収容された巣鴨プリズン(東京)を慰問に訪れ、A級戦犯10人から寄せ書きの色紙を贈られた笹森恵子さん(79)が24日、広島市中区の原爆資料館に色紙を寄贈した。笹森さんは「色紙は二度と戦争がないようにという証しだ。私の戦争反対の思いが広がってほしい」と語った。

 色紙は「態度を恭しくする・身を慎む」を意味するとみられる「容敬」という言葉の下に「木戸幸一」「賀屋興宣」など10人の署名が並ぶものと、ほかの戦犯らの名前も並ぶ計2枚。

 笹森さんら広島で被爆した女性9人が1952年、巣鴨プリズンを訪問した後に贈られた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.