天気予報を見る
 
新聞購読申込

敦賀市長、がれき処理に前向き/「協力したい」

2012/02/23 17:40

 福井県敦賀市の河瀬一治市長
 福井県敦賀市の河瀬一治市長

 福井県敦賀市の河瀬一治市長は23日の記者会見で、東日本大震災で発生した岩手、宮城両県のがれき受け入れについて「被災された方々のことを思えば、できる限り協力したい。極力、積極的にやっていきたい」と述べ、前向きな姿勢を示した。

 各地で放射性物質の拡散を懸念する声が出て、広域処理が進んでいない現状に関して「きちんと(線量を)測って大丈夫と分かれば心配する必要はない。原発と共存してきた敦賀市民の多くには理解してもらえると思う」と期待を示した。

 市によると、市内にあるごみ処理施設の焼却処理の余力は年間600トン程度という。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.