天気予報を見る
 
新聞購読申込

岩手の高校受験、初の定員割れ/震災で生徒数把握できず

2012/02/22 20:29

 岩手県教育委員会は22日、12年度県立高校入試の出願状況(調整後)を発表。全日制64本分校の実質志願倍率は0・99倍で11年度を0・02ポイント下回り1976年度の統計開始以来初の定員割れとなった。

 県教委は、少子化傾向を考慮して定員を減らしてきたが、今回は大震災で正確な生徒数をつかめず11年度と同数に設定。少子化で生徒が減っていたため、定員を下回ったという。

 全日制は推薦入試合格者などを除いた実質定員9510人に9373人が志願。倍率が2倍以上の学校はなく、41本分校が定員を下回った。沿岸被災地では、陸前高田市の高田高校普通科が0・90倍など。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.