天気予報を見る
 
新聞購読申込

競技用自転車にブレーキ付けを/都の自転車検討委が報告書

2012/02/20 20:28

 東京都や警視庁でつくる都自転車総合政策検討委員会は20日、自転車の安全利用に関する課題や対策を報告書にまとめ、発表した。ブレーキのない競技用自転車「ピスト」について、競技者に対してもブレーキを付けて販売するよう義務化することなどを検討課題とした。

 都によると、ほかに放置自転車対策として、自転車の所有者や住所が変わった場合、防犯登録を変更・再登録することも義務化。

 国道や都道にまたがり、管理者が異なる自転車道のネットワーク化を進めるため、関係機関や地域の代表者が集まる協議会の設置も検討課題に挙げた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.