天気予報を見る
 
新聞購読申込

広範囲での大雪、峠を越える/気象庁

2012/02/18 18:38

 冬型の気圧配置の影響で日本列島は18日、北日本から西日本にかけての日本海側を中心に広い範囲で雪となり、北陸などでは大雪が続いた。広範囲での大雪は峠を越えたが、気象庁は、西日本では19日明け方にかけて引き続き警戒を呼び掛けた。

 18日午後4時現在の積雪は、富山市で82センチ(平年の4・56倍)、新潟市で63センチ(同7倍)、鳥取市で59センチ(同7・38倍)を記録した。京都市内では最大5センチの積雪を観測し、金閣寺や清水寺も雪で覆われた。

 気象庁によると、上空の強い寒気が抜けるため、冬型の気圧配置は次第に緩んでいく。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.