天気予報を見る
 
新聞購読申込

宮古の被災酒蔵が新酒販売/復興一号と弐号

2012/02/17 16:35

 菱屋酒造店が販売している千両男山の「復興一号」(左)と「復興弐号」=15日、岩手県宮古市
 菱屋酒造店が販売している千両男山の「復興一号」(左)と「復興弐号」=15日、岩手県宮古市

 東日本大震災の津波で酒蔵が大きな被害を受けた岩手県宮古市の「菱屋酒造店」が、震災後に初めて仕込んだ新酒「千両男山 復興一号」を1月から販売している。被災者と共に復興の道を歩もうと名付けた。2月からは純米酒「復興弐号」も売り出し、全国から注文が相次いでいる。

 海から約300メートルの地点にある菱屋酒造店は、約6メートルの津波にのまれ酒蔵はめちゃくちゃになった。仕込んでいた酒のほとんどを流され、一時は再建を諦めかけた時期もあったが、行政の支援や全国のファンからの援助もあり、昨年末、新酒を仕込むところまでこぎ着けた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.