天気予報を見る
 
新聞購読申込

生レバーの全面禁止回避を/民主議連が要請

2012/02/08 18:55

 厚生労働省が生の牛レバー(肝臓)を店で提供するのを禁止すべきか検討している問題で、民主党の「焼肉を考える議員連盟」は8日、東京都内で会合を開き、事務局長の大西健介衆院議員が「食べられなくなると世間への影響が大きい」として、厚労省と食肉業界で全面禁止を回避する方法を検討するよう求めた。

 会合には議員十数人のほか、厚労省の担当者や業界関係者が出席。会長の吉田治衆院議員は「みんなも私も食べたい。知恵を出して安全との折り合いを付けてほしい」と訴えた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.