天気予報を見る
 
新聞購読申込

被災した新聞社の姿、映像に/報道部長をインタビュー

2012/02/08 17:18

 椙山女学園大学(名古屋市)の栃窪優二教授(57)は、東日本大震災で被災した石巻日日新聞社(宮城県石巻市)の報道部長をインタビューした記録を映像化し、インターネットに8日、公開した。

 同新聞社は社屋が被災、輪転機が回らず、昨年3月12日から6日間、手書きの壁新聞を発行。壁新聞は米国の報道博物館にも展示された。

 仙台市出身の栃窪教授は仙台放送の元テレビ記者で、1993年から2年間、石巻市の支局に勤務。昨年4月から今年にかけ3回取材に入り、武内宏之報道部長(54)にインタビューした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.