天気予報を見る
 
新聞購読申込

名古屋の市バスを使用停止処分/事故隠しで中部運輸局

2012/02/07 11:39

 国交省中部運輸局から行政処分を受け、記者会見で謝罪する名古屋市交通局の青木康邦自動車部長(右)ら=7日午後、名古屋市役所
 国交省中部運輸局から行政処分を受け、記者会見で謝罪する名古屋市交通局の青木康邦自動車部長(右)ら=7日午後、名古屋市役所

 国土交通省中部運輸局は7日、事故報告書の提出遅れやバス専用レーンの逆走などがあったとして、道路運送法に基づき名古屋市交通局の10営業所のバス11台を計210日間、使用停止にする行政処分を出した。

 昨年10月に中部運輸局が監査した結果、運転手への指導の不徹底など指導監督義務違反があったことが判明していた。

 市バスをめぐっては昨年、物損事故の不申告や相手方に連絡していないのに事故の示談が成立したとする報告書を作成していたことが発覚。愛知県警が道交法違反(事故不申告)や虚偽有印公文書作成の容疑で営業所や市役所を家宅捜索し、組織的関与の有無を調べている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.