天気予報を見る
 
新聞購読申込

国民保険納付率、3年ぶり改善/88・60%、赤字幅は拡大

2012/02/03 19:26

 厚生労働省は3日、自営業や無職の人が加入する市町村運営の国民健康保険(市町村国保)で、2010年度の保険料(税)納付率が前年度比0・59ポイント上昇し、全国平均で88・60%と3年ぶりに改善したと発表した。

 厚労省は、職を失った人への保険料(税)減免措置を拡大したことに加え、リーマン・ショック直後に比べて景気が比較的安定していたことから、保険料を納付しやすかったとみている。

 ただ、所得の減少に伴って保険料も減ったことにより財政は悪化。一般会計からの赤字補填などを除いた実質収支は3900億円の赤字となり、赤字幅は前年度から650億円拡大した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.