天気予報を見る
 
新聞購読申込

JR西の特急車両、ミャンマーへ/「はまかぜ」などで活躍

2012/02/01 17:50

 JR西日本がミャンマー鉄道省に譲渡するディーゼル車「キハ181系」
 JR西日本がミャンマー鉄道省に譲渡するディーゼル車「キハ181系」

 JR西日本は1日、特急「はまかぜ」(大阪―鳥取)などで活躍したディーゼル車「キハ181系」15両をミャンマー鉄道省に譲渡すると発表した。

 JR西によると、キハ181系は山間部での走行に備えた出力の高いエンジンを搭載し、天井にエンジン冷却装置がある珍しいタイプの車両。譲渡される15両は1969〜72年製で「はまかぜ」のほか、「やくも」(岡山〜出雲市)でも使用された。新型車両の導入などで活躍の場を失い、2010年11月に定期運行から退いていた。

 昨年6月にミャンマー鉄道省から要請があり、有償での譲渡を決めた。今月6日と8日に山口県下関市の下関港に陸送後、船でミャンマーまで運ぶ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.