天気予報を見る
 
新聞購読申込

5世紀の“オールバック”/島根、埴輪接合で判明

2012/01/31 17:13

 松江市の島田1号墳から出土し、復元された人物埴輪。全国的にも例がないオールバックのような髪形の男子像だったことが分かった=31日、島根県庁
 松江市の島田1号墳から出土し、復元された人物埴輪。全国的にも例がないオールバックのような髪形の男子像だったことが分かった=31日、島根県庁

 松江市の島田1号墳(5世紀後半)で出土した人物埴輪の破片を接合した結果、オールバックのような髪形の男子像だったことが分かり、31日、島根県埋蔵文化財調査センターが発表した。

 センターによると、かぶりものの可能性もあるが、このような髪形の埴輪は全国的にも例がないという。

 1995年の調査で出土。高さ36センチの上半身のみ復元されて、全身では約70センチとみられる。側頭部の髪を左右で束ねた美豆良は男性の特徴で、襟のある衣服、目や鼻筋などが細かく作られている。

 2月4日から島根県安来市の和鋼博物館で公開される。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.