天気予報を見る
 
新聞購読申込

冨岡町に戻らない住民も支援へ/災害復興ビジョン策定

2012/01/30 20:31

 東京電力福島第1原発事故で全域が警戒区域に指定され住民が避難している福島県富岡町は30日、町民や専門家らによる委員会を開き、全住民が帰りたくなる町を目標に環境づくりを進める一方、町に戻らない住民も想定し支援を行うことなどを盛り込んだ「災害復興ビジョン」をまとめた。

 富岡町には福島第2原発が立地し、毎時10マイクロシーベルトを超える高い放射線量の場所もある。

 ビジョンでは、自宅に戻る住民のほか、町内の低線量地区や町外に移住して自宅周辺と行き来する住民、町に戻らない住民を想定。町内外に交流施設を造る。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.