天気予報を見る
 
新聞購読申込

黒石寺、平穏願い蘇民祭/男衆が熱狂

2012/01/29 22:26

 豊作や無病息災を願い、下帯姿で練り歩く「蘇民祭」の男衆=29日夜、岩手県奥州市
 豊作や無病息災を願い、下帯姿で練り歩く「蘇民祭」の男衆=29日夜、岩手県奥州市

 豊作や無病息災を願い下帯姿の男衆が護符の入った袋を奪い合う奇祭「蘇民祭」が29日夜、岩手県奥州市の黒石寺で開かれた。

 袋は「蘇民袋」と呼ばれ麻製。作り手が東日本大震災で犠牲になったが、県内で手工芸を受け継ぐ団体が袋作りを引き受けた。

 午後10時、凍える寒さの中、男衆が寺の前を流れる川で身を清め、「ジャッソー、ジョヤサ」と気勢を上げて祭りはスタート。見どころは明け方、蘇民袋の争奪戦。中の護符や裂かれた袋の切れ端を手にした人には災厄を免れる御利益があるという。寺を飛び出し、3時間近く熱狂が続く。

 黒石寺蘇民祭は千年以上続くとされる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.