天気予報を見る
 
新聞購読申込

「村内で通学」7分の1/4月帰還の福島・川内村

2012/01/29 19:33

 福島県川内村の保護者懇談会で、配られた資料に目を通す参加者=29日、福島県郡山市
 福島県川内村の保護者懇談会で、配られた資料に目を通す参加者=29日、福島県郡山市

 東京電力福島第1原発事故を受け、全村避難した福島県川内村が31日の「帰還宣言」を前に行った保護者アンケートで、新年度に再開される村内の小中学校、保育園に通う予定の子どもは対象210人の7分の1に当たる30人しかいないことが29日、分かった。

 村がこの日、同県郡山市の仮設住宅で開いた保護者懇談会で公表した。

 村立小中学校や保育園は、役場機能が移された同県郡山市へ避難し、27日時点で計86人が通学・通園中。幼稚園はもともとなく、高校(分校)は昨年3月、震災と関係なく閉校した。

 村は除染やインフラ改修を進め、新年度に合わせて役場機能を郡山市から戻す方針だ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.