天気予報を見る
 
新聞購読申込

地震で帰宅困難想定し宿泊実験/東京駅近くの地下通路で

2012/01/27 21:41

 帰宅困難者の宿泊実験で、地下通路で横になる参加者=27日夜、東京・丸の内
 帰宅困難者の宿泊実験で、地下通路で横になる参加者=27日夜、東京・丸の内

 首都直下地震の発生時に想定される帰宅困難者の支援方法を検討するため、東京・丸の内の歩行者用地下通路で27日夜、近隣に勤務する会社員ら男女約20人がテントやマットで宿泊し、課題を調べる実験が行われた。

 地震発生当日、帰宅できなくなった人がJR東京駅周辺の通路で一夜を過ごすという設定。参加者は、冷えきった通路に災害用のエアマットを敷いて横になったり、毛布で体をくるんだりして防寒性や問題点を確認していた。

 会社員の山西冬彦さん(55)は「毛布が3枚くらいないと寒い。マットに空気を入れるのは簡単で、これがあれば十分過ごせる」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.