天気予報を見る
 
新聞購読申込

セブン、コンビニで課税証明書/三鷹市で全国初

2012/01/26 11:47

 セブン―イレブン・ジャパンは26日、東京都三鷹市の店舗で住民税がいくら課税されたかなどを示す課税証明書が受け取れる行政サービスを2月1日から始めると発表した。

 住民票の写しなどをコンビニで交付するサービスは全国の計42自治体(昨年12月末時点)で実施しているが、税の証明書は三鷹市が初めて。同時に戸籍謄本などの交付サービスも始めるが、市の予算の関係で納税証明書の交付は見送る。

 受け取るには、店内の端末に住民基本台帳カードを差し込み、暗証番号などを入力する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.