天気予報を見る
 
新聞購読申込

特例の再取得期限、2月末/被災者の運転免許証

2012/01/25 18:29

 警察庁は25日、東日本大震災の被災者への特例として昨年8月31日まで有効期間を延長した運転免許証について、期間中に手続きをせず失効した場合でも適性試験だけで再取得できる期限が2月29日に迫っているとして、ホームページで手続きの呼び掛けを始めた。

 期間延長の対象となっていたのは岩手、宮城、福島3県の全市町村と、青森、茨城、栃木、千葉、新潟、長野の各県の一部市町村の被災者。

 震災の被災者は有効期間が延長されており、この仕組みの適用で2月末まで再取得が可能。避難先の警察署などでも手続きできる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.