天気予報を見る
 
新聞購読申込

日本海側で大雪の恐れ/気象庁、警戒呼び掛け

2012/01/25 09:01

 強い寒気と冬型の気圧配置により、日本海側の広い範囲で大雪の恐れがあるとして、気象庁は25日、交通の乱れや雪崩に注意するよう警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、日本付近の上空約5千メートルに氷点下36度以下の寒気が流れ込み、強い冬型の気圧配置は26日にかけて続く。北日本から西日本の日本海側を中心に、広い範囲で断続的に降雪量が増えるとみられ、雪は26日以降も続く可能性がある。

 26日朝までの24時間予想降雪量は多い所で、北陸80センチ、関東甲信60センチ、東海と近畿50センチ、北海道と東北、中国40センチ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.