天気予報を見る
 
新聞購読申込

健保保険料率2〜3%上昇も/加入拡大で厚労省試算

2012/01/24 21:30

 パートなど非正規労働者が新たに健康保険に加入した場合、短時間雇用の割合が多い流通、外食企業の健康保険組合の中には、労使で分担する保険料率を2〜3%程度引き上げることが必要な組合もあるとの厚生労働省の試算が24日判明した。

 保険料率上昇は、低収入のパートなどの加入増で、加入者全体の平均賃金が下がって1人当たり保険料収入が減る一方、高齢者医療向け拠出金などの負担増で健保組合財政が苦しくなるためだ。厚労省は「組合解散の恐れもある」としており、激変緩和措置などの対応を急ぐ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.