天気予報を見る
 
新聞購読申込

再試験希望は241人/問題配布忘れの救済

2012/01/20 20:04

 大学入試センター試験の地理歴史と公民で問題冊子を配り忘れたミスで、救済策として再試験の対象となった3452人のうち、受験を希望したのは241人だったことが20日、センターのまとめで分かった。

 大半の会場は受験生の指摘で追加配布し、規定の試験時間は確保。再試験を受けると前回の成績は無効になるため、多くの受験生は再試験を避けたとみられる。

 今年の地歴、公民は計10科目から解答科目を選ぶ方式を導入。2科目受験者は冊子が二つ必要な人と一つだけの人がいて、試験官が制度変更をよく理解せず、主に公民を配り忘れて慌てて追加配布する会場が続出した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.