天気予報を見る
 
新聞購読申込

全身真っ白、珍ヒトデ/鳥取の海岸で見つかる

2012/01/20 04:55

 鳥取市の水族館「とっとり賀露かにっこ館」で展示されている白色のイトマキヒトデ
 鳥取市の水族館「とっとり賀露かにっこ館」で展示されている白色のイトマキヒトデ

 鳥取市の水族館「とっとり賀露かにっこ館」で珍しい白色のイトマキヒトデが展示され、人気を呼んでいる。

 体の中心から腕の先まで約4・5センチで、全身が真っ白。イトマキヒトデは海水浴場でよく見かける種類で、通常は濃い青緑色やオレンジ色などカラフルな個体が多い。同館の担当者は「生まれつき色素を作る能力がないからではないか」と話している。

 見つけたのは、財団法人鳥取県栽培漁業協会の井上正彦主任。昨年11月に鳥取県大山町の海岸で潜水してアワビを放流している時に、水深約2メートルの海中で岩に張り付いているのに気付いた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.