天気予報を見る
 
新聞購読申込

網走で「流氷初日」/接岸は平年並みか

2012/01/17 10:46

 この冬初めて陸上から肉眼で確認された北海道網走市沖の流氷。水平線上に白く見える=17日午前(網走地方気象台提供)
 この冬初めて陸上から肉眼で確認された北海道網走市沖の流氷。水平線上に白く見える=17日午前(網走地方気象台提供)

 網走地方気象台は17日、北海道網走市沖で、陸上から初めて肉眼でオホーツク海の流氷が見える「流氷初日」を迎えたと発表した。平年より4日早く、昨年より2日早い。

 気象台によると、流氷は午前6時50分ごろ、網走市沖10〜15キロで確認された。冬型の気圧配置によって北風が吹き、流氷の南下が進んだ。

 流氷が接岸し、船舶が航行できなくなる「接岸初日」は平年並みの2月2日ごろの見通し。網走市沖では11日に、第1管区海上保安本部(小樽)が航空機から流氷を観測していた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.