天気予報を見る
 
新聞購読申込

米海兵隊、子供たちと交流/宮城・気仙沼の離島再訪

2012/01/12 20:06

 大島の子供たちと交流し、見送りを受ける在沖縄米海兵隊員=12日午後、宮城県気仙沼市の大島小
 大島の子供たちと交流し、見送りを受ける在沖縄米海兵隊員=12日午後、宮城県気仙沼市の大島小

 東日本大震災で壊滅的な被害が出た宮城県気仙沼市の離島・大島で、震災後「トモダチ作戦」を展開した在日米軍関係者ら約30人が12日、昨年4月の撤収から約9カ月ぶりに島を訪れ、住民たちと交流した。

 一行は在沖縄海兵隊員が中心。隊員らは昨年8月に沖縄県の隊員宅や隊舎へホームステイに招待した小中学生25人と再会。在日海兵隊基地司令官のケネス・グラック中将が「再会できてうれしい」とあいさつすると、大島小6年の小野寺航輝君(12)が「大島を必ず復興させます」と応えた。

 米軍は震災後、孤立状態になった大島に海兵隊員ら約600人を投入。がれきの撤去などを実施した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.