天気予報を見る
 
新聞購読申込

被災地の中学生13人出発/冬季ユース五輪に招待

2012/01/12 16:52

 出発前に記念写真に納まる被災地の中学生ら。前列左から4人目は橋本聖子JOC理事=12日、成田空港
 出発前に記念写真に納まる被災地の中学生ら。前列左から4人目は橋本聖子JOC理事=12日、成田空港

 東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島各県の中学生13人が12日、冬季ユース五輪(13日開幕・インスブルック=オーストリア)を見学するため成田空港から出発した。国際オリンピック委員会(IOC)の招待で、現地で競技を観戦、文化教育プログラムに参加して17日に帰国する。

 全員がスキーやスケートなど冬季競技をしており、実家が全壊したという岩手県陸前高田市立気仙中2年の三嶋萌さん(13)は「スケートの練習は全くできなかったけれど、今回の経験を生かして1秒でもタイムを縮めたい」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.