天気予報を見る
 
新聞購読申込

歩道の自転車一方通行初実験/神奈川、事故防止で

2012/01/10 11:02

 自転車利用者に左側通行を促す警察官=10日午前、相模原市中央区
 自転車利用者に左側通行を促す警察官=10日午前、相模原市中央区

 東日本大震災後に自転車で通勤や通学をする人が増える中、神奈川県警は10日、歩道を走る自転車を一方通行に規制して事故を防ごうという全国初の社会実験を相模原市で始めた。31日まで。

 実験は歩道上を自転車が走行できる相模原市中央区中央の市道約460メートルで午前7〜9時に実施。警察官や近くの学校の教員らが自転車走行の人を呼び止め、左右にある歩道のうち進行方向に向かって左側の歩道を走るように促した。

 また車道寄りを自転車の通行部分として、歩行者と交錯しないよう工夫。自転車一方通行を示す標識32枚も設置した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.