天気予報を見る
 
新聞購読申込

岩手の中高生とフットサル/東北出身Jリーガー

2012/01/06 19:08

 フットサル大会で子どもたちと交流する小笠原満男選手=6日午後、岩手県宮古市
 フットサル大会で子どもたちと交流する小笠原満男選手=6日午後、岩手県宮古市

 東日本大震災で被災した子どもたちを励まそうと、Jリーグの東北出身の選手たちが設立した「東北人魂を持つJ選手の会」が6日、岩手県宮古市の市民総合体育館でフットサル大会を開いた。

 岩手県沿岸部にある学校のサッカー部やクラブチームに所属する中高生ら約240人を招待。岩手県出身の鹿島アントラーズの小笠原満男選手や宮城県出身のFC東京の今野泰幸選手ら東北出身のJリーグ選手11人が加わった。

 最初は緊張していた子どもたちも、試合が始まると笑顔を見せるように。試合の合間にはサイン会やカレーの炊き出しもあり、うれしそうに選手と交流していた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.