天気予報を見る
 
新聞購読申込

年末年始、東海道新幹線は好調/2年連続で利用客増

2012/01/06 17:15

 JR東海が6日発表した年末年始期間(12月28日〜1月5日)の利用実績によると、在来線特急は前年同期比1%減だったが、東海道新幹線が前年同期比2%増と好調で、2年連続し前年を上回った。混雑のピークは新幹線、在来線とも下りは12月30日、上りは1月3日だった。

 同社は「好天が続いたほか、東日本大震災の影響で家族の絆を意識し帰省する人が多かったのでは」としている。

 新幹線のぞみは前年同期比3%増の201万人が乗車。在来線特急では中央線しなのは前年同期並み、高山線ひだは1%減にとどまったが、台風12号による豪雨で昨年9月に被害を受けた紀勢線南紀には観光客が戻らず、11%減少した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.