天気予報を見る
 
新聞購読申込

雪どっさり、寒の入りの「小寒」/ラニーニャの影響じわり

2012/01/06 11:23

 6日は、この日から寒の入りの二十四節気の「小寒」。昨年末以来、寒気が断続的に流れ込んでいる影響で、列島はこの日も厳しい寒さになった。日本海側では、昨年来の降雪量が平年の2〜3倍という地点もある。

 気象庁は、日本の冬に厳しい寒さをもたらす恐れがある「ラニーニャ現象」の影響が昨年末から出始めた可能性があると指摘。1月後半からはさらに影響が強まり、東日本(関東甲信、東海、北陸)以西を中心に気温が平年を下回る寒さになると予想している。

 6日朝、国内で最も気温が低かったのは北海道占冠村の氷点下21・5度。次いで長野県南牧村の同20・3度。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.