天気予報を見る
 
新聞購読申込

山形で高級サクランボ初出荷/温室で促成栽培

2012/01/04 11:45

 出荷のため、選別して箱詰めされるサクランボ=4日午前、山形県天童市
 出荷のため、選別して箱詰めされるサクランボ=4日午前、山形県天童市

 山形県天童市で4日、温室で促成栽培したサクランボの収穫が2農家で始まった。サクランボは東京や大阪など4カ所の市場に出荷され、例年通り5日に初競りにかけられる。

 収穫されたのは高級品種「佐藤錦」約20キロで、1箱に300グラムが手作業で並べられた。毎年、1箱で数万円の高値が付く。贈答品として根強い人気がある。

 温度管理が不十分だったため、今年の収穫量は例年の3分の1程度と見込まれているが、同市荒谷の農家斉藤清邦さん(67)は「きれいな色で味もばっちり」。

 サクランボの旬は初夏だが、天童市では25年ほど前から温室による促成栽培をしている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.