天気予報を見る
 
新聞購読申込

青空にこいのぼり200匹/被災地で子どもたち掲揚

2011/04/29 17:42

 静岡県から寄贈され、震災で大きな被害を受けた「鯨と海の科学館」(後方)の敷地に掲揚された200匹のこいのぼり=29日午後、岩手県山田町
 静岡県から寄贈され、震災で大きな被害を受けた「鯨と海の科学館」(後方)の敷地に掲揚された200匹のこいのぼり=29日午後、岩手県山田町

 青空の下を泳ぐ、200匹のこいのぼり。揚げるのを手伝った子どもたちが笑顔で駆け回った。震災で大きな被害を受けた岩手県山田町の「鯨と海の科学館」で29日、全国から集まったこいのぼりが舞った。

 「元気をなくした子どもたちを喜ばせたい」と動き始めた地元住民に、町観光協会が協力してインターネットで呼び掛け、全国から100匹が集まったほか、静岡県が200匹を寄贈した。

 揚げられたのは、このうち200匹。午後1時の黙とうの後、30人の子どもたちが競い合うようにロープに取り付け、自衛隊の協力で掲揚した。

 長さ100メートル以上のロープにつるされたこいのぼりが、風を受けて元気よく泳ぐ姿に、大きな拍手がわいた。

 参加した小学5年佐々木那緒登君(10)は「今年は無理だと思っていたからうれしい。歌を歌いたい気分だ」とご機嫌だった。

 静岡県は、阪神大震災の後にもこいのぼりを贈っている。29日の掲揚に駆け付けた同県職員の小川幸弘さんは「静岡も大地震を想定しており、人ごとと思えない。精いっぱい協力したい」と話していた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.