天気予報を見る
 
新聞購読申込

復興への願い、「花絵」に込め/大阪の花博公園で制作

2011/04/29 16:25

 花博記念公園鶴見緑地に登場した「フラワーカーペット」=29日午後、大阪市鶴見区
 花博記念公園鶴見緑地に登場した「フラワーカーペット」=29日午後、大阪市鶴見区

 東日本大震災の被災地復興を応援しようと、花博記念公園鶴見緑地(大阪市鶴見区)で29日、ボランティアが約8千本のチューリップを使った花絵のボードを制作。約4時間かけて「ガンバロウ日本」のメッセージを描いた。

 ボードは縦横約2・7メートルで、廃棄されるチューリップの花を活用。図柄に沿ってボードに刺すと、花博のマスコット「花ずきんちゃん」がメッセージとともに現れた。約11万本のチューリップの花びらを敷き詰めた「フラワーカーペット」(縦約10メートル、横約5メートル)も、地元の小学生らのデザイン画を基に5種類制作した。

 展示は5月1日まで。展望車に乗ると地上約6メートルの高さからカーペットを見ることができ、料金200円は全額復興支援に寄付される。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.