天気予報を見る
 
新聞購読申込

鳴門海峡に豪快な渦潮/見ごろ迎えた春の海

2011/04/29 11:32

 見ごろを迎えた鳴門海峡の渦潮と大鳴門橋=29日午前、徳島県鳴門市沖
 見ごろを迎えた鳴門海峡の渦潮と大鳴門橋=29日午前、徳島県鳴門市沖

 徳島県鳴門市沖の鳴門海峡で、渦潮が年間を通じて最も大きくなる春の大潮の時期を迎えた。29日は暖かい日差しと晴天に恵まれ、観潮船に乗り込んだ観光客らは間近に現れる豪快な渦潮に喜びの声を上げていた。

 大阪府から夫婦で来た無職宮崎五郎さんは「70歳を迎えた記念に来た。周囲は穏やかな海なのに、渦潮は激しく、自然は不思議だなと思う」と感心した様子だった。

 鳴門市によると、潮の干満で海峡の南北に生じる最大約1・5メートルの水位差と、海底の複雑な地形の影響で渦潮が発生する。

 見ごろは大型連休の間。直径20メートルを超えることもある。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.