天気予報を見る
 
新聞購読申込

福島、23校授業再開できず/原発周辺の小中学校

2011/04/28 12:29

 福島第1原発から半径20キロ圏内の「警戒区域」などに指定され、臨時休校となった福島県の12市町村の54小中学校のうち、23校が学校単位での移転などができず、新学期に入っても授業を再開できていないことが28日、福島県教育委員会への取材で分かった。

 県教委によると、警戒区域の17校、20キロ圏の外側で放射性物質の累積が高い「計画的避難区域」の4校、事態急変時に屋内退避や避難に備えるよう求める「緊急時避難準備区域」の2校。この23校の児童・生徒は、県内外の避難先にある学校に転入するなどして、新学期を迎えたという。

 残り31小中学校は、それぞれ区域外の学校の空き教室や廃校などを使って、学校単位での授業を再開している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.